スノボー情報&用品の通販TOPページ

初心者のスノボー用品ガイド ゲレンデに行こう
スノーボード(板) 車で行こう
ビンディング 雪道運転の注意点
ブーツ 運転以外の雪道の注意点
ウェア スタッドレスorチェーン?
ゴーグル スタッドレスタイヤとは?
グローブ 車のチェーンの基礎知識
ビーニー(帽子)
バッグ・ケース・カバー 気軽なツアーで行こう
インナー(山用下着)
ソックス(靴下) スキー場に着いたら
リーシュコード リフト券の種類、買い方
ヘルメット・プロテクター ├リフトに乗ろう
└メンテナンス用品 └ゲレンデマナー




スノボー(スノーボード)用品 金額サーチ

板/〜30000円/〜40000円/〜50000円/〜60000円/〜70000円/70000円〜

ビンディング/〜10000円/〜20000円/〜30000円/〜40000円/40000円〜

ブーツ/〜10000円/〜20000円/〜30000円/〜40000円/〜50000円

ウェアー(上)/〜10000円/〜20000円/〜30000円/〜40000円/40000円〜

ウェアー(下)/〜10000円/〜20000円/〜30000円/〜40000円/40000円〜

ゴーグル/グローブ/ソックス/インナーウェアー/ワックス関連/DVD/ステッカー


↓最新記事はこちら↓
2006年12月08日

スタッドレスorチェーン、タイヤに関してどっちかで迷ったら。

 まずはご自分の行かれるスキー場を考えてみましょう。

 よく行かれるスキー場への道で長い距離で雪がある場合はスタッドレスタイヤを利用する方が無難ですね。

 逆にスキー場の近くにならないと普段は道には雪が無いような所でしたら、チェーンで済ませるのも良いかも知れませんね。


 それから、スキー場へ行かれる頻度も考えてみましょう。

 1シーズンに数回でしたらシーズン毎にタイヤを履きかえるよりも、必要に応じてチェーンを利用する方が金額的にも労力的にもお薦めです。

 それとは逆に毎週末の様にゲレンデに行かれると言う方はスタッドレスの方が断然お薦めでになります。


 スタッドレスタイヤを選択される場合でも出来ればチェーンは車に載せておいた方が良いですよ。

 と言うのも、4厘駆動の車でしたらあまり無いのですが、2厘駆動車ですと除雪のされていない上り坂等では上れなくなるケースもあるからです。

 4厘駆動車と言えども凍りついてしまった道ではスタッドレスだけでは危険な場合もあるので、出来る事のならチェーンも携帯しておきましょう。

 いざ事故になってしまうと、チェーンやスタッドレス代よりもはるかに多くのお金や最悪の場合命を失う事もあります。

 スノボーを楽しむ為にもここはケチらずに万全な体制で雪道運転に望みましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。